経年変化を楽しめるもの

最近レザーのジッポケースを買ったんです。
ジッポってあれですよ、Zippoライターのことです。
カタカナで書くとなんか印象変わっちゃいますね。
タバコは滅多に吸わないんですけど、ライターは好きなんです。
とくにあの蓋を開けて使うオイルライターが好きで、先日ようやくマイジッポを手に入れたんです。
ネット上のジッポ自慢を見ていると、
長く使ってくすみや傷がすごくカッコいい味になってるものが多いですね。
私もあんなカッコいいライターに育てたいなと思う反面、
初めてのジッポは綺麗なままでとっておきたい気持ちもあってですね。
でもやっぱり締まっとくよりは持ち歩きたい、渋くしたいけど傷つけたくないと言う風にかなり葛藤しまして。
で、どちらのジッポにするか答えが出るまで、ケースに入れて持ち歩くことにしたんです。
それが今回買ったレザーケースです。
かなり硬めの牛革で、色は黄色味の強い明るいブラウン。
材質は他にもあったのですが、レザーも育てる楽しみがあるじゃないですか。
上手い人が育てると、明るい色が深いコクのある色に変わるんですけど、
あれも本当にカッコいいんです。
経年変化を楽しめる小物って、なんだかロマンがありますよね。
長生きしたらギリギリ、ヴィンテージになった姿が見られるかな?
可能なら引き継いでアンティークにしてくれたら嬉しいけど、引き継いでくれるかなー。